投稿日:

英語以外の語学も見に付ける

外国語と言えばまずは英語を身に付ける人が多く、世界で多く使われている外国語になるので、英語を身に付ける事は大事です。
ただ、グローバル社会になりつつある時代ですから、英語だけでなくて他の外国語も身に付けた方が将来、役に立つ可能性があります。例えば韓国語やドイツ語、中国語などがお勧めです。日本ではアジア出身の人も多くいるので、身近な国である韓国と中国の語学を学ぶのはプライベートや仕事でもそのスキルを活かすことが出来ます。英語の場合は英会話教室や塾などに通って身に付けるのが効果的ですが、他の外国語の場合は専門の教室がなかなかないです。ただ、書店ではいくつかの外国語の専門書が販売されていますし、ネットの通信講座などでも英語以外の外国語を身に付けられる可能性があります。
まずは、英語を習得して、もし余裕があれば外国語を身に付けるという感じです。ただ、貿易関係など外国語が必要になる仕事を目指す場合は、英語以外の外国語も早めに身に付けるのが得策です。